コンナiPhoneは買取できないかも!?

新しいiPhoneに買い替えるなどの理由で、今まで使用していた物を破棄するのは勿体ないです。買い取ってもらうことで少しでもお金になるのであれば、積極的に利用するべきでしょう。ただ、状況によっては買取できない可能性もあるので、まずはその部分を把握するようにしましょう。

基本的に破損や故障ぐらいなら買い取ってもらえる

iPhone
iPhoneの買取では、見た目が綺麗で動作に全く問題ない状態で売ることができれば、もちろんそれがベストではあります。ただ実際は、何かしら不良部分や欠損があることも多いですし、そうでなくても決して綺麗とは言えない状態であるケースが大半だと思います。

ただ、大半の業者は破損や故障ぐらいであれば、査定額は下がりますが基本的に買い取ってくれるのです。よっぽど原型を留めないほど壊れていたり、必要な部品がない状態だと厳しいですが、そうでなければ大多数の業者は買取してくれます。

どんな状態だと買取不可になってしまうのか

では、一体どのような状態だとiPhoneの買取が不可になってしまうのでしょうか。例えば、暗証番号やPINコードといった、セキュリティ設定を行っている場合は、初期状態に戻さなければ買い取ってもらえません。また、ICアプリを削除していない場合も、買取を断られるケースが多いので注意が必要です。

さらに、ネットワーク利用制限がバツの状態だと買取不可のところがほとんどで、三角の状態だと業者によっては買い取ってくれるところもありますが、査定額が下がってしまうケースが非常に多いです。そのため買取を依頼する前に、必ずネットワークの利用制限をチェックするようにしましょう。

あとは、専用の充電ケーブルがある場合には、それもセットでなければ買い取ってもらえないことも多いため、絶対に無くなさないよう注意しましょう。

どういった準備をする必要があるのか

iPhone
iPhoneを買い取ってもらうにあたって、いくつか準備すべきことがあります。これを怠ってしまうと、買取が不可になってしまう可能性が高くなるので、余計な手間や費用を要することになりかねないのです。

まず最初に、「iPhoneを探す」機能をオフにする必要があります。オンの状態で初期化してしまうと、初期設定時にその人のIDとパスワードが必要となるので、新たに購入する人が利用できなくなってしまうのです。

機能をオフにしたら初期化をすることになるわけですが、事前に必要なデータをパソコンの方にバックアップしておくようにしましょう。初期化が終わると、利用可能な状態にするためアクティベーションを行っておきましょう。

あとは、付属品の確認をして、汚れなどがあれば丁寧に拭き取るようにして、万全の状態で買取に出すようにしましょう。特に郵送で買取の依頼をする場合には、不備があるとその都度送料を負担しなければならないので、入念に確認を行っておくようにしましょう。

あくまで業者によって判断基準は異なる

ただ、最終的にどれぐらいの査定額になるのか、あるいは買取が可能なのか不可なのかは、業者によって判断基準が異なるのです。事前に簡易査定で大まかな金額を教えてもらうことは可能ですが、最終的な買取価格に関してはiPhoneの状態を確認した上で決められることになります。

もちろん、中には不当に安い金額で査定する業者もいたりするので、事前に買取相場の方を確認しておき、明らかに安すぎる査定額であれば断ることも必要でしょう。

おすすめ買取サイト
iPhoneを高価買取! | 簡単スピード査定!宅配買取ならBUY王!箱に詰めて送るだけ